幼児教室くすのき | 小学校お受験ノウハウ総合SITE

幼児教室くすのき

幼児教室くすのき

まだ小さな幼児も習い事に通うのが普通であり、中には小学校受験をするために習い事教室に通う子供もいます。そこでたくさんある幼児教室でも幼児教室くすのきは、子供が自分で考えることそして問題解決もできる力をつけてくれます。

この幼児教室くすのきは20年以上もこの幼児教育というものだけを専門にしてきているので、まさに幼児教育のプロであり小学校受験の対策であるノウハウや情報も豊富に持ってるからこそ、高い合格率もその結果につながっています。

小学校受験をするのは子供本人ではありますが、幼児教室くすのきではその子供や家庭そして教室とが連携姿勢であることが合格への近道と考えています。また子供の個性を尊重し学力に合わせたフォローをしっかりとしています。

公式サイトへ

口コミ情報

37歳女性

いまの日本は教育大国と言ってもいいのかもしれません。多くの親が、子供が将来良い人生を送れるように、小さい頃から教育を受けさせることが多くあります。そして教育熱心な親は幼稚園に入れさせるために小さい頃から、まだ子供が十分に言語を扱えないうちから教育を施します。

そういった方々のために、多くの私立幼稚園があるのも事実です。その1つが幼児教室くすのきです。幼児教室くすのきでは、下は1歳から小学生までの子を対象としており、一時保育、一時預かりにも対応しています。そして、幼児教室くすのきでは、個人にあった独自のカリキュラムを用意しています。

幼児教室くすのきでは、1歳から年長さんまでの子には、絵画、運動、英語などを教えています。小学生の子には、絵画、運動、映画、算数、英語、国語を教えています。また両方のクラスにも、個別指導のプログラムがあり、個々人にあったカリキュラムを用意していることがわかります。幼児教室くすのきでは、幼児期は生きていくために必要な力を養う大切な時期とかんがえており、自ら考え行動できる力、自ら失敗し解決する力を養うことを目標に掲げています。自発的に子供が考える環境が用意されているのがこの幼児教室くすのきの強みだと思います。

39歳女性

幼児教育というのは自発的な行動によって、より経験を身につけることができます。小さなころというのは、親の手助けが必要になりますが、あまりに手助けをしてしまうと、その子にとっての経験が無くなっていきます。特に困っている時に何でも手を貸してしまうような親では、大人になっていく過程でも手助けが必要になってしまいます。

そうならないように幼児教室くすのきでは、自分から考えて行動する力をつけるよう、そして自分から問題に対してチャレンジして解決ができるように指導をしています。今まで甘やかされていた子供でも、本能的に自分で解決しないといけないと感じることによって、より潜在意識に活発な気持ちというのが生まれてきます。何でも危ないとか、助けたいということ考えずに、子供たちの力を信じてあげることも必要なことです。多くの人は幼児教室くすのきのプログラムによって、より人間的な感性を持つことができます。

自発的な力が付いてくると、学校へ行ってもリーダーシップを発揮したり、考えることをしますので、受験などの困難がきても自分から学習することをします。学習というのは自発的な活動によって、身につきますので無理にやらせることは必要ないといえます。