コラム | 小学校お受験ノウハウ総合SITE

国立小学校受験合格の心得

子育ては親が行います。かつては女性が専業主婦として子育て全般に関わっていたころから任せることも多かったかもしれません。今は共働き家庭が多く、家事だけでなく子育てにも男性が関わることが多くなっています。子育ての中では将来の子供の教育の話も出てきます。普通に公立の学校に進学させることもあるでしょうし、中学から受験を指せようと考えることもあります。

国立小学校受験合格を目指す場合は子供が生まれたときぐらいから話し合いをしておく必要があります。子供が物心ついたときから行っていては遅いこともあるからです。そして両親は子供と気持ちを一つにしておく必要があります。夫婦は必ずしもいつも同じ意見ではありません。一方は進学させたい、一方は公立で良いではうまくいきにくくなります。その間に子供が挟まれてしまいます。

心得として、ある程度の年齢になったときから受験をすることを決め、夫婦で一緒に合格に向けた取り組みを行います。私立のように専門の学校に行かせる必要はありませんが、子供との生活の仕方が大事になります。受験の時にはペーパーテストではなく行動観察が実施されることがあります。急にするように言って出来ることではないので、夫婦でどういった行動が取れるようにするか考えながら育てます。

» 続きを読む

有名国立小学校受験は良い経験

有名国立小学校受験はとても緊張感があります。特に最初に受験できるかどうかの抽選会から始まり、その抽選に通らなければ受験する事が出来ません。親子共々抽選会より緊張が始まります。抽選で選ばれただけでもうれしさは湧いてきます。今までやって来た事に感謝の気持ちが湧いてきました。

この受験のために親子でいろいろな体験をしながら頑張ってきました。子供もお友達と遊びたい時期でしたが、我慢をして幼児教室に通い多くの教育を受けました。有名国立小学校受験の中には子供の受験だけでは無く、親子の面接などもあります。合格の基準はどのような事で決めているのかははっきりは解りません。親としても受験を経験している方達から体験談を聞いたり、多くのアドバイスを受けながら受験に臨みました。

しかし、合格すればとても喜ばしい事ですが、不合格の場合には、子供がこれだけ頑張ってきたのに、親の面接で、などと考えてしまう事が有ります。子供はあまり気にはしていないようですが、親としてのやるべきことはやったつもりではいますが、勉強させられる事は多くありました。合格して抱き合う親子や、不合格で涙を流しながら変えられる姿は何とも言えない胸が熱くなるような気持ちになります。

» 続きを読む

小学校受験の際の教育はどうするべきか

子どもに小学校受験をさせたいと考えている方は少なからずいるかと思われます。近年、教育熱心の親が増えているので、小学校からレベルの高い学校に入れたいと考えられています。ただ、その際に教育の仕方を気をつけなければいけません。間違った方法で教育をしてしまうと、勉強をすることが嫌いになってしまう可能性があります。まだ幼い子どもに教育をさせるわけなので、楽しく学ばせることが大事になります。

教育熱心な親で無理やり勉強をさせる方がいます。それは子どもにとって良い選択ではないと言えます。この時期は勉強をすることの楽しさを覚える時期になります。楽しく勉強するのと同時に受験対策をするので、厳しさは必要ありません。小さい時期に受けたスパルタ教育がトラウマになっているケースがあるので、強制的に学ばせることはしないでください。

この時期に勉強嫌いになってしまうと、将来ずっと勉強が嫌いになってしまう子どもになってしまうリスクがあります。今と将来どちらが大事かは、大人であれば分かるはずです。幼い時期の教育のやり方で人生も左右してしまうことがあることをしっかり認識しておいてください。子どもの無理のない範囲で行う分には問題はありません。

» 続きを読む